スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルティマニア買ってきました

分厚い……!まだ300ページくらいしか読んでませんが、楽しいです。
全部読み終わったら適当に感想など追記すると思います。

(2006/02/24 17:15追記)
ええと、一応アルティマニアネタバレということで追記で。長くなりますし。

続きを読む »

スポンサーサイト

KH2語り~ノーバディの話

 以前の記事(「愛が止まらない」)から結構経った気がしますが、まだまだKH2への愛が止まりません。いっそ開き直って最近考えたことを適当に放出してみることにしました。何回かに分けて。

 ネタバレあり・XIII機関(というか8と13)に大幅に肩入れ・長文です。

続きを読む »

キャラロスト。

 あ。……TRIGLAV1ヶ月ログインしてなかった……キャラロストだ。

 45階まで行ってたのになぁ……レア装備は2こしか持ってなかったけどさ……。うわーん悲しい。結構ギリギリで倒したボスとかいたのになぁ。

 まぁいいや。今から取り戻すのはちょっと色々と不可能に近いし。

 こうして「じゃあ、1年後」ってお別れしていく色々なもの。果たして本当に1年後に解凍されるのかなぁ。1年経ったら忘れちゃうんじゃないかなぁ。ちょっと不安。
 とりあえずテイルズ・オブ・ジ・アビスはやりたいと思ってるんですが。

ゲーム感想:cubic3

cubic3
 グロビュールでフリー公開された短編ノベルゲームです。選択肢によって行動が変化するのでなく、選択肢によって語り手がおかれている状況が変化してしまうというちょっと変わった形式。

 断片的に語られる物語から徐々に浮かび上がる「何があったのか」。手書き感がなんとも言えないタイトルやエンディングリストも素敵です。1時間かからず全ての物語を見ることができましたが、なかなかよかったです。

 ちょっぴりグロかったりエロかったりもしますので苦手な方は注意。個人的にはこれくらいのエログロ加減は好みです。

明日の準備

20060213213606
一応女の子なので。
……と言っても、実は私はほとんど関与してません。家族が手作りしたチョコを配る分だけ分けてもらいました。
うーん、女の子失格?

一応生存報告

 いつもどおりの日常すぎて書くことがありません。一応近況報告。

とくに意識せずとも、ホロウバスティオン1回目に現れる黒コート集団の見分けが全員ついてしまった(7と10はきわどかったけど)。どうすればいいんだ私……。
・文字盤がメンバーの武器のロゴで針がキーブレード2本な「XIII機関時計」とかあったら楽しいのにとか思ってるあたり末期症状。

小麦畑でテスト公開された「オシチヤ」が面白いけど頭悪いので詰まっている

犬と猫新作の「水色散歩道」は面白い。面白いけど、個人的には「まぁまぁ」っていう感じ

ゲーム感想:ひとかた/月葬の城

 最近プレイしたゲームの感想をちゃちゃっと。

ひとかた
 わりと有名なノベルゲームですね。「牛鬼」を退治するために打追町にやってきた主人公。あと4日のうちに無事倒すことはできるのだろうか……?

 1本道ですが結構ボリュームのあるゲームです。けれど引き込まれていっきにプレイできました。とりあえず最初に腕輪に祈ることになるシーンまでプレイしてみることをおすすめしたいです。ここから真のスタートだと思うので。

 あちこちで高い評価を受けているだけあって、なかなかよい物語でした。強大な敵。徐々に明かされてゆく謎。強い意志の力。運命に負けない心。胸を打つものを感じました。
 ただし、下ネタが多かったり複数のヒロインといい感じになったりしますのでそういうのに免疫のない方は要注意。

月葬の城
 こちらはADVゲームです。空白の3年間を抱えた聖女(イスタ)フィアナは、一通の手紙に従いその3年間を過ごした城へ向かい……。

 一応乙女向け分類なのかな。といっても「女性が主人公でちょっと恋愛要素がある」程度で、いわゆる恋愛ゲームではありません。一人称じゃないし。というかぶっちゃけ恋愛というより(ネタバレ規制)姉妹ドロドロ物語ゲームだと思います。
 エンディングは3種類(トゥルー、バッド、バッド2)ですが短編ですし選択肢も簡単な部類です。

 絵にも文章にも独特の雰囲気が漂っていてよかったです。というか聖女も騎士も妹君も大好き。

「THE有頂天ホテル」見てきました

 タイトルどおり、友人とTHE有頂天ホテル見てきました。

 最初から最後まで小ネタが連発されて笑えました。個人的に面白かったのは大きな筆の代わりに使われたアレ。そんなもの渡すなよ!渡された方も使うなよ!

 本当にたくさんの登場人物がそれぞれの思惑で動いていて、でもそれが互いに絡み合っていくのは上手いなぁと思いました。どの人物も「愛すべきおバカ」という感じで親しみが持てました。

 うーん、本当にあったら一度泊まってみたいホテルだ……トラブルに巻き込まれる可能性大だけど(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。