仮面ライダー電王第14話 ダンス・ウィズ・ドラゴン

大変面白い30分でした。やっぱ楽しいわ電王。

続きを読む »

つれづれ~07/04/29

>25日17時に拍手くれた方へ
ありがとうございます。がんばります。

・悪夢
子安と石田の2人に脅迫されるという悪夢を見ました。いや、悪夢です。ほんっとうに怖かった……あの美声でねちねちねちねち……。

ボクと魔王、はじめました

後輩から借りた「ボクと魔王」を始めました。ありがとう、本当にありがとう。現在1章終わった辺り。かなりの序盤です。

とりあえずお父さんの話を2時間も聞いてしまいヘコみました(笑)。
グラフィックの妙なほのぼの感とか、なんか抜けてるような音楽とか、登場人物たちのツッコミ不在っぷりとか、意味分からない選択肢とか、いい感じですね。
……スタンかわいいな。

つれづれ~07/04/25

・今期は見ることにしたドラマが珍しく多いです。今年は大河も見てますしね。バンビーノ!、なかなか面白い。

・最近、ゲームについての思い出を掘り起こしています。感情を根っこから揺さぶられたゲームたちについて。
必ずこの手で殺してやると思えたラスボスやら、この世にこのゲームが存在するだけで(プレイしなくても)幸せになれると思えたことやら、色々と思い出はあります。
やっぱり、ゲームが好き。受験でしばらく離れていたので、今でも変わらず好きかどうか自信がなかったけれど、やっぱり好きでした。

・藤沢修平と池波正太郎ばかり読んでいます。今後これに司馬遼太郎をプラス予定。王道かな?

・音楽がなくても死にはしないことに気づいてから、しばらく反動のように音楽なし生活だったのですが。やっぱり、音楽があった方が生活は楽しい!
しばらく聞いてなかったんで、色々聴こうと思います。あらまりさんの歌声とか、昔のゲームのサントラとか、うーん懐かしい。

仮面ライダー電王第13話 いい? 答えは聞いてない

いやー面白かった。
リュウタロス、結構好きになれそう。

続きを読む »

読書感想:橋ものがたり

橋ものがたり 橋ものがたり
藤沢 周平 (1983/01)
新潮社
この商品の詳細を見る

橋を舞台にした短編10編が入った短編集です。
ほっとする話、心あたたまる話、寂寥感のある話など様々ですが、どれも優しくしっとりしたタッチで描かれています。ハッピーエンドとは限らないけれど、なんとなく優しい気分になるのです。

「氷雨降る」「殺すな」「吹く風は秋」あたりが好きな私は、年をとった男の悲哀に弱いのがバレバレですね。

これで藤沢修平は3冊目。この本も気に入ったので、次は「用心棒日月抄」シリーズを読もうと思います。

KH2FM語り~ノーバディについて

追加隠しムービー以外は全部見たので、ここで2FMを終えてのノーバディ語りをしておきます。追加隠しはキーブレード関連っぽいので。

続きを読む »

仮面ライダー電王第12話 走れタロス!

・ゲキレンジャーのおもちゃ
「遊べば遊ぶほど新しい音が増えるぞ」
……「遊びの中に修行あり」ってか?

・今日はプリキュアも見てみました
え、ナッツってツンデレ?

それはさておき、今週も電王感想。

続きを読む »

読書感想:蝉しぐれ

蝉しぐれ 蝉しぐれ
藤沢 周平 (1991/07)
文芸春秋
この商品の詳細を見る

藤沢周平の作品を読むのはこれが2冊目なのですが、久々によい本と出会えた気がします。読み終わった時に、しっとりした、それでいて涼やかな風が胸の中を吹きぬけた心地がしました。

友情、成長、陰謀、淡い恋というとベタな青春もののようなのですが、暑苦しいどころか涼やかなのです。それでいて、叙情的なのです。
淡々としながらも印象的で続きが読みたくなる感じ。
日常や自然の描写もよかった。

余談ですが、逸平みたいな人には愛着が湧きます。というか三人組は全員いいなぁ。

ちなみに藤沢周平1冊目は「たそがれ清兵衛」。ええ、まずは映画化した辺りを読んでみようかなと思ったわけです。こちらは「なかなかいいけど、普通」という印象でした。

仮面ライダー電王第11話 暴走・妄想・カスミ草

ClimaxJumpもDouble-Actionもなかなか売れてるみたいですね。
かくいう私も、レンタルでいいからフルを聴いてみたいとは思ってます。

今回最初が録画できなかったのでセリフ一部うろ覚えです。

続きを読む »

仮面ライダー電王第10話 ハナに嵐の特異点

疲れた時も電王を見るとなんとなく回復する気がするのは何故でしょう。

続きを読む »