スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書室のネヴァジスタ紹介(ネタバレなし)

山の中にある、全寮制の男子校。
そこで、一人の少年が死んだ。
彼と親しかった子供たちは、みなそれぞれにいわくつき。
仮住まいのはずだった「幽霊棟」に居座り好きなように暮らしているが、誰も文句をつけられずにいる。

そこに死んだ少年の男が監禁され、
そこに一人の教師が住むことになる。

これは、二人の大人が、
子供になりきれず、大人にもなりたくない子供たちの、
心と向き合っていく物語。

長い前置き失礼いたしました。
「図書室のネヴァジスタ」は、思春期の少年たちの抱える問題をがっつり扱っている同人サスペンスADVです。
男子校なので男子ばっかりですがBLではないです。

問題のある登場人物しかいません。やけにリアルで生々しいです。
自分に思い当たる欠点がいくつもあって、そのせいでこじれていく悲劇に叫び出したくなることもしばしばでした。
あとみんな重すぎる過去持ちでしてね……。きっついです。ヤバいです。
そんでもって展開の容赦なさ。バッドエンドは珠玉の後味の悪さ揃い。

けれど、どれも、本当によく考えられ練られています。
私は専門家ではないのでどれだけ現実的なのかは分かりませんが、トラウマやら虐待やらその他諸々について、リアルだし誠実だと感じました。
(スタッフ裏話本(340p)で、何故個人ルートのEDが"ああ"なのかの話があり、唸ってしまいました)

容赦ない鬱展開が好きなら、是非。是非。
逆にそれが駄目ならやめた方が。
この私がガチでMP削られてますから。

あなたは望んで大人になりましたか?

このキャッチフレーズが刺さる人は、やってみて感想聞かせて欲しいなあと思う次第です。
スポンサーサイト

2011年ベストまとめ

今年もやってきました、一年を振り返りまとめる時期。
というわけで、本・マンガ・アニメ・ゲーム・特撮・映画・音楽・アーティスト・キャラの、それぞれ個人的オブザイヤーを決定いたしました。
(ここまで手抜きでコピペw)

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。