top> 感想/ゲーム > ゲーム感想:ひとかた/月葬の城

ゲーム感想:ひとかた/月葬の城

 最近プレイしたゲームの感想をちゃちゃっと。

ひとかた
 わりと有名なノベルゲームですね。「牛鬼」を退治するために打追町にやってきた主人公。あと4日のうちに無事倒すことはできるのだろうか……?

 1本道ですが結構ボリュームのあるゲームです。けれど引き込まれていっきにプレイできました。とりあえず最初に腕輪に祈ることになるシーンまでプレイしてみることをおすすめしたいです。ここから真のスタートだと思うので。

 あちこちで高い評価を受けているだけあって、なかなかよい物語でした。強大な敵。徐々に明かされてゆく謎。強い意志の力。運命に負けない心。胸を打つものを感じました。
 ただし、下ネタが多かったり複数のヒロインといい感じになったりしますのでそういうのに免疫のない方は要注意。

月葬の城
 こちらはADVゲームです。空白の3年間を抱えた聖女(イスタ)フィアナは、一通の手紙に従いその3年間を過ごした城へ向かい……。

 一応乙女向け分類なのかな。といっても「女性が主人公でちょっと恋愛要素がある」程度で、いわゆる恋愛ゲームではありません。一人称じゃないし。というかぶっちゃけ恋愛というより(ネタバレ規制)姉妹ドロドロ物語ゲームだと思います。
 エンディングは3種類(トゥルー、バッド、バッド2)ですが短編ですし選択肢も簡単な部類です。

 絵にも文章にも独特の雰囲気が漂っていてよかったです。というか聖女も騎士も妹君も大好き。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する