top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> HP運営 > ブログ上で書く、ということ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

ブログ上で書く、ということ

 私は自己顕示欲が強い人間だと思います。思ったことをとにかく表現し、それを誰かに見て欲しいと願う。反応はなくても、誰かが見ているというその事実だけで満足できる。HPを始めた理由のひとつもそれでしょう(正直、最大の理由は「HTMLという言語に興味があったから」なんですが)。

 だけどインターネットは不特定多数の人の目に触れる場。そう思って、あんまり変なことは書いてこなかったつもりです。ネガティブなことも極力排除。

 でも。いわゆる「チラシの裏」に書くようなことでも、ここで書きたいと本当に思うなら、書いちゃっていいんじゃないかと考えはじめました。自己顕示欲のまま思ったことを垂れ流そうということではありません。このブログはいろんな人に読まれる可能性があるんだということをしっかり意識した上で、それでも書きたいことがあるのなら書けばいいじゃんと。

 冒頭の記述の通り、私のブログは誰かに見られることは望んでいるけれど反響までは求めていないブログだったように思います。見られることで満足してしまっていた。微妙なことを書いて誰かに突っ込まれるのも恐れていたかもしれません。でも、せっかくコメントもトラックバックも備わっている「ブログ」なんですから、それってもったいないですよね。

 たいしたことは書けません。たいしたことも考えてません。だけど、書きたくないのに書くブログにはしたくない。書きたいことを書くブログにしたい。

 3月9日でこのブログを借りてから1年になります。早いですね。そう思って過去の記事を読み返して、何も変わってない自分に苦笑しました。だけど、この機会に変わっていけたらいいなと思います。それはおそらく目に見える変化じゃないんでしょうけど。

 こんなことを考え出したのは昨日や今日じゃなかったのですが、結論を出すに至ったのはおそらく今日巡ったブログたちのおかげだと思いますのでリンクしておきます。ブログで書くということについて、色々考えさせられました。
BLOG STATION
304 Not Modified(あれ。気がついたら記事名かぶってますね……)
Blog向上委員会
ekken♂
ビター・スウィート・ドリームス
他人の不幸は蜜の味
これらのブログ、記事タイトル一覧などを見るとまだまだ興味深い記事が並んでいて、また色々考えさせてくれそうです。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。