top> 感想/音楽 > 感想:あさやけぼーだーらいん

感想:あさやけぼーだーらいん

●あさやけぼーだーらいん
あさやけぼーだーらいん あさやけぼーだーらいん
オムニバス (2007/01/01)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る

Volatage of Imagenationの「あさやけぼーだーらいん」買って来ました。茶太さんは好きだし作曲も豪華メンバーだしジャケットがきれいだしで買いたかったCDです。

ブックレットが大変美しい水彩画に彩られていて聞く前から早速ため息でした。

ウィスパー茶太さんが色々な曲調で楽しめて満足できました。全体的にはしっとりやおしゃれ系が多いかな。これから聞き込むぞ。

(追記)
今のとこ、「僕と世界の境界線」と「がんばったら」が好き。「メメント・モリ」は聞いてて怖くなるような、でもなんか気になる曲です。

(追記)
伸びやかなサウンドに孤独感を歌った歌詞。CD全体が一つの空気をまとった作品だと思います。気に入った。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する