top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> 感想/ゲーム > 感想:歪みの国のアリス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

感想:歪みの国のアリス

以前から気になっていたものの機種の都合でDLできなかったので、機種変を機にDLして一気にEDコンプリートしてしまいました。
前編後編で各210円、プレイ時間は2つ合わせて6時間くらいでしょうか。文章のテンポがよく、分岐もフラグでなく選択肢によるものなのでぱっぱとできました。スキップの性能はあまりよくないけど下ボタン連打でなんとかなるかと。

趣味の悪いシチュエーションや小物、明らかになるにつれいびつさが増してゆく事の真相、性質の悪い怪談のようなバッドEDたち(ED2なんかまさにそれ)、不気味ながら愛嬌のあるキャラクターたち。

トゥルーEDを全て見ることでプレイヤーに全てが分かるようになっているつくりもよかったです。というかトゥルー5は素晴らしい後味の悪さですね。薄々予想してはいましたけど……(ネタバレ伏字:だって、殺害動機がありませんもの)。

このゲームがホラーの印象を持たないのは、キャラクターたちのせいでしょう。突っ込み気質だけど天然でもある主人公、怖いんだか抜けているんだかよく分からない、どこまでもミステリアスな不思議の国の住人たち。どれも愛すべきキャラクターたちばかりだと思います。
とりあえず、パンたちは最高です。もうあれはホラーじゃなくてギャグだ。

そして、当然のように猫に惚れました。ああいうのは好みです。
黄色い歯?むしろプラス要素です。
そんなわけでED3と4が嬉しかった。とくに4。うわーなんて萌えるんだ!「ホラーゲームというより乙女ゲームに見えるよ」という評判を信じてDLしてよかった!(それが本音です)

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。