top> 感想/その他 > 戯言シリーズにハマる

戯言シリーズにハマる

 西尾維新の「戯言シリーズ」にハマってしまいました。「サイコロジカル」から。それまでは「面白いけど別に」程度だったのですが。

 文体が中毒性ある気がするので、そのせいでどんどんハマっていったのもあると思いますが、とりあえず決まり手は兎吊木垓輔。でも結局一番ハマってしまったのは哀川潤。

 余談ですが。Good!(ぐっ)と握り締める、という表現に納得。親指突き出すのもそういう感じですなぁ。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイコロジカル 上下巻

サイコロジカル ★あらすじ 天才工学師・玖渚友のかつての「仲間(チーム)」、兎吊木垓輔(うつりぎがいすけ)が囚われる謎めいた研究所――堕落三昧(マッドデモン)斜道卿壱郎研究施設。友に引き連れられ、兎吊木を救出に向かう「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”.

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する