top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> 感想/その他 > 読書感想:バッカーノ!1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

読書感想:バッカーノ!1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad

やっぱりラノベはさくさくテンポよく読めていいですね。

というわけで読み終わりました、1931鈍行編。さっそく以下感想。ほとんどネタバレないですが追記で。
1931、フライングプッシーフット号を舞台にした群像劇の表の部分を描いた一冊。
主にジャグジー一味と黒服の話、かな。いや、他の面々もしっかり活躍してますが。

黒服白服ボロ服っていう対比は上手いですね。

アニメでのバカップルは動きにも磨きがかかっていてすごかったなあ、と改めて原作を読んでしみじみ。
アニメでカットされた部分もしっかりバッカーノ!節で楽しかったり、アニメでは説明不足なところが分かったり。

視点ザッピングがきいてるなあ、と思いました。
それぞれのシーンのいいところで次の視点に移る引き方といい、
うまく読者をミスディレクションする表現といい。

というか、みんなレイルトレーサーを信じちゃってたんだな!まあ、あの状況では仕方ないですが。

色々な謎を残したまま終わるこの一冊。その謎を解き明かしてくれるのが、「特急編」です。こちらの感想はまた別記事で。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。