top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> 感想/その他 > 2008年まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

2008年まとめ

本当に本当に放置してるのに、拍手をくださる方々には本当に感謝です。ありがたや、ありがたや。

というわけで、今年も「2008年まとめ」のコーナーです。自分にしか需要がないけれど……。

・本:箱の中/檻の外
知っている人からすれば、「あえてそれかよ!」なチョイスだと思います、ごめんなさい。
今年は、初めて商業BL小説というものを読みましてですね……つまり、そんな本です。
しかし、BLと思って読むとダメージを受けるかも、というくらいの本です。
地に足がついてて、嫌な意味でリアルで、それでも何かを探していくというか……。
「檻の外」なんか、もはや「BL要素のある人間ドラマ」の域です。
「なつやすみ」の読後感はすごい。切ない感動……。
BL要素がある以上、万人に勧められるものでは決してありませんが、もし読むなら、ぜひセットで。

・マンガ:ゴールデンデイズ
一種の理想が体現されているマンガでした。
自分の中で聖域認定されていて、妄想すら出来ない域です……。
これもBLっぽいって言われると何も否定できないんですが、個人的にはぎりぎり友情の範囲だと主張したいです。最終巻の愛宕山のあれは、逆に友情だからこそだと思うんですけど、上手く説明できない。
離れていても、傍にいられなくても、それでも相手の幸せを願う気持ちって、なんてすごいんだろう。
ほんと、いいマンガだと思いました。

・曲:うみねこのなく頃に
ゲームとしても「うみねこ」には相当ハマらされましたが(推理したくなっちゃうほどに!)、
曲もまた素晴らしく。BGMももちろんですが、やはりタイトル曲のこれを。
メロディーラインとか歌い方とか、ほんとたまらない。
シングルバージョンもしっかりと志方節で、大変満足でした。
アルバムバージョンにも期待です。イタリア語とのことで、OPムービー版の歌詞だといいなあ。

・アーティスト:茶太
あえて。
しっかりした曲も、静かな曲も、かわいい曲も、ノリノリな曲も。
やっぱりこの人の声好きだなあ、と思わされました。

・ゲーム:九龍妖魔學園紀/大神
九龍は、百聞は一プレイにしかずゲーですので、ちょっとでも興味があったらぜひぜひ!ベスト版出てますよ!
「興味持つ→調べる→なんかそこまで面白そうじゃなくない?→放置→友人に借りる→やばい→自分で購入→ドハマり」した身としては、ほんと、プッシュしたいゲームです。
顔も名前も喋る言葉も全部自分次第な主人公。だけどしっかり個性があるんだこれが。
登場キャラも個性派づくしです。
B級と伝奇とジュヴナイルと遺跡ロマンが好きな人は飛びつくべき。

大神は打って変わって、万人におすすめしたい名作。子供にやらせたいぐらい。
愛らしく美しい和風のグラフィック、けれどしっかりした味付けのキャラやシナリオ。
最終戦には何度泣かされたことか……。こんなにゲームで泣いたこと、初めてでした。
曲も名曲揃い。とにかく素晴らしいです。

・キャラ:皆守(九龍)
どこが好きなんですか?って言われると困るくらい、好き。
好みじゃなかったはずなのにドハマりしてたくらい、好き。
うかつにこいつの話を振られると危険な状態になるくらい、好き。
困った。

・今年を一言で
趣味充実。
まったくもって、そういう意味で豊作な一年でありました。
生きがいとか見つけちゃった気がする。

・今年最初に設定した目標について
「広げる」→評価:A-
広がった、と思います。まだまだ全然ではありますが、広げていきたいとも思えています。
まあ、その方向はまだまだ偏っているのですが、これからがんばりたいところ。

・来年の目標
「立私奉公」
決して滅私することなく、けれど周りに尽くす人になりたい。
的確な視野を持って行動できる人になれれば、と思います。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。