top> 感想/特撮/シンケンジャー > 侍戦隊シンケンジャー 第三幕 腕退治腕比

侍戦隊シンケンジャー 第三幕 腕退治腕比

会う人ごとにシンケンジャーをおすすめして回っている自分がいる……。
いやだってこれ面白いって。
・朝から修行、朝から黒子
黒子は朝の着付けもやってくれるというのか……!
「毎日黒子のみなさんに起こされて、着替えまで面倒見てもらって」ということは、黒子の存在はやっぱりみんなに見えてるんですね。でも普段はいないもののように平然と過ごしてるよね。
黒子が日常の中に溶け込みすぎだよね。
とか、黒子萌えなので脱線してしまいました。

・青は今日も馬鹿
赤だけ服の色が違うのは殿だから?
しかし青も下が……!冒頭のかっこいい打ち合い、殿、よく真顔でやってたなあw
青はほんと馬鹿だなと思いました。女子いるよ!

・青は馬鹿だけど実力はあるよ
思わず笑った緑に赤が一発。
「ほーぉ」とか、この余裕ある感じというか間というか、いい。
青がなにげにすごいよね。
あと、赤も青のことなにげに信頼してるんだろうね。

・爺からの宿題
500文字とかwwwしかも爺、達筆。
「千明へ
 本日、正午までに書写五百枚書いて提出。
 シンケンジャーたるもの、剣だけではなく、受け継いだ文字の力を使いこなせなければならん。
 精進せよ。
 彦馬より」

赤のクールさはほんといいわあ。緑の憎まれ口丸無視。

・六門銭
三途の川の水って、人間界平和だと減るもんなん?w
ロクロネリ登場。つちころびという妖怪モチーフらしい。
「かいなのばし」が自慢らしく、文字通りの腕自慢。サブタイトルにかけてある感じかな。

・薄皮太夫
どうやら身分が高いのかな?その姫様っぷりが哀れ、とな。
敵は一枚岩ではない模様。その辺もワクワクします。

・千明、脱走
折神と戯れるときの赤はちょっと表情がやわらかい。
書写「五百字」を書いて提出する緑www
そして、友人と格ゲーをやっていた。
卒業式にも行かなかったのか……!

・千明、愚痴
学校っていうことにして話したらしいw
納得はしてんだよね、ってのは2話を受けてでしょう。
殿様とか言っちゃったwww
とりあえず同意してみたていう感じがあるな、今の相づち。笑いが不自然w

・外道衆登場
その隙間もありなの!?スペック高いな!
そして、本名名乗ってるだけあって、この辺は一般人バレしてもいいんですね。
千明は調子いいけど、一般人バレしていいからってほいほい喋ったりするキャラではなかったんだよなーと思いました。ちゃらいヤツっていうよりは、「現代っこ」。
あ、あと負けず嫌いだと思う。
そういうわけで一人で戦い殿を見返そうとしちゃうわけですが。

・かいな伸ばし
地下を通るのはなにげに厄介。
と思って上に逃げても追ってくる。その伸びは無限。
そして、友人たちがやられてしまう!

・赤登場
毎度毎度タイミングが颯爽。
直前に気づいて避けようとしてるけど避けきれず、って感じの動きをしたように見えた。
水の幕、便利技である。
ロクロネリの水が足りないってのは伏線だと思ってたけどそんなこともなかった?
それともこれは外道衆共通の欠点で、今後への伏線?

・手当てされる
爺、一喝。
女の子は友人の方に付き添ってたのですね。それで青が手当てすることになったのか。
別に黒子にやらせてもいいのにw
命じられたことはそつなくこなせそうだもんな、青。

・赤の叱責
「友達と会ったせいだ」
覚悟の差っていう話でもあるのかな。
赤自身、1話とか見るに、友人と会わないんだろうな。ていうかそもそも友人いるのかなとか思ってしまった。
なんか、志葉家から出なそうな雰囲気だからw
「明日までにあのアヤカシの技を破れるようになれ。できなきゃ、ショドウフォンを返せ」
今週も赤は放言。
「数段落ちてるんじゃ話にならないんだよ。侍やめろ」
追っかけてく黄色はいい子。
爺もいい人。
しかしやっぱり取り合わない赤であった。

・水の増減
リアルタイムに増減するもんなんだwww
「外道衆に生まれて不満はないが、川から離れて~」のセリフの通り、やはり外道衆共通の設定か?
でもここで出して後で使うと忘れちゃわないかな、とか思ってしまったりもする。
心配しすぎか。

・緑、物思い
マンガ喫茶で遊ぶ千明。
私このマンガ喫茶行ったことあるかもしれんwww
最終的に、画面の中の動くキャラの色はシンケンジャーと同じ5色に。
黄色の活発な動きが戦法のヒントになった?

・夜の特訓
殿自身、あのアヤカシに対抗しようと考えていたのだなあ。
避けられないんだから避けなきゃいい、の緑。
避けるために気配を読む、の赤。静かな精神統一もまたかっこよい。

・外道衆、そして
かいなのばしはなかなか反則だよなあw
シンケンジャー、黒子の幕ワープで登場であります。かっこいい。あと黒子すげえ。
緑はまだいない。当然のようにそこを突っ込まれますが。

・緑登場
遅れて登場であります。幕を宙返り越え!
そして、一人で戦うと宣言。無言で赤はそれを見る。
ぺりっとおでこのガーゼを取り、変身。

・みんなも戦闘開始
青のリアクションがいいわあ。
火炎、水竜、天空、土煙、で「~の舞」。天空の効果音、「スーパー戦隊シリーズ」表示の時の「ちろりろりーん」に似てるw
雷天の舞、は追加秘伝ディスクみたいなもんかな。

・今回は緑が一騎打ち
吹っ飛ばされて場所変えのパターン。
緑の対策法は、逃げまくる戦法であった。
ああ、かわいそうな一般車……。
拳が目となってお前を追う!ってすごいなあ。

・赤、助太刀
あれを読みきったのはかっこよかったです、マジで。
馬鹿め!がすごい得意そう。
腕が絡まったのはどこまで読みなんだろうなあ……w
緑は木枯らしの舞。他との兼ね合いを考えるに。木枯って書くのかな。
赤は息を切らしていた。

・とりあえず緑はやりました!
ピンクの適当な感じのフォローw
しかし巨大化。二の目ってのは何なんですかね。サイコロみたいな表記だが。

・巨大でも緑頑張ります
熊パンチ。しかしあっさりだった。
吹っ飛ばされたのをフォローする4人。
緑に応えずに合体しちゃう殿。シンケンジャーっていいわあ。

・合体!
盾で防ぐのいいねー。
赤はかっこいいです。精神集中。
見ないで防ぐってのがまたかっこいい。そして腕を切ってしまう!無力化だ。
緑はそんな赤に何か思ったようで。

・仲直り
青は殿に何もいえない奴じゃあないんだよなー。いい。
すたすた行ってしまう赤、緑の呼びかけに始めて足を止め。
「武流、いや、殿」
完全に振り向きもせずの、「誰も やめさせるなんて言ってない」。
ほっとしたような緑の顔がいい。
ショドウフォン取り上げるとかやめちまえとかは言ったじゃんwwwちょっと屁理屈っぽくも聞こえる。
ていうか拗ねてるように聞こえるのは幻覚だろうか。

・青www
女の子達は、ほっとしたら赤をさっさと追っちゃうw
青は感激した模様。はいはい。
「ははは、殿ー!はははは!」無駄にさわやかでそこがウザいとか良キャラwww

・緑、心中で思う
赤がやってくれたから、勝てた。赤の強さ。
そして、それへの「越えてやる」っていう気持ち。
最後の最後に、走りでは赤を追い抜いて。

・次回予告
あれ、こんな枠先週まであったっけ。
青と桃の回の模様。
外道衆が少年と約束? 何か裏があってのことなのだろうか。
桃、ポイズンクッキングフラグか?www
青の「私には分かる」っていう断定口調がいい。
二人して少年に構ってなんか暴走しちゃうっていう話かな。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する