top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> 感想/音楽 > 睡眠都市(大嶋啓之・茶太)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

睡眠都市(大嶋啓之・茶太)

「茶太・大嶋・ネガティブ」
そんなキーワードに釣られて買ってきた、夏コミ新作の同人アルバムCDです。


・全体的な雰囲気
心地よいリズムのサウンドと茶太の歌声、消えてしまいたいという願望をつづった歌詞が組み合わさって、なんともいえない浮遊感がある一枚でした。
聴いてて気持ちよく眠れそうではありますが、(ああ、これ自殺しちゃってるなあ)という歌詞が多いので、ちょっと不吉です(笑)。

個人的には、何度も何度も繰り返したいCDです。好き。
「あさやけぼーだーらいん」の大嶋曲が好きな人におすすめ。


・歌詞カード
印字された透明フィルム4枚からなっています。冊子形式でなく、バラの4枚。
透明に黒字なので、背景にするものがないと読みにくいかと。
重ねた時の視覚効果も狙ってか、文字組もブロックに固めてあったり、逆に余白いっぱいでばらばらにしてあったり。



以下、個別楽曲感想。
1.swim into the city
インスト。
聞いていて気持ちよくなるタイトル通りの曲ですが、この言葉って結局、「睡眠都市」で使われている意味なのですよね……。
CD収録曲に通じるリズムやベース音を持っている曲です。
そして、そのまま「飛ぶ夢を見ない」に繋がります。

2.飛ぶ夢を見ない
心地よく気だるい、リズムと茶太の歌声。52秒からがとくに気持ちいいです。
歌詞は、そのまま散文にしたら「後味の悪い、特別ではない話」として通用しそうです。一種の嫌な話ではあるのですが、特別ではないし、フラットだし、感情としてはきれいだし、詩的です。
爽やかささえ感じる、夜明け前に終わる歌。

3.ハルシオン
ぬくもりを感じさせるギターの音色と、語るような茶太の歌声。
やっぱり歌詞はネガティブですが、間接行動である分、直接行動の歌詞よりはやわらかいです。
まさにまどろんでいるような歌。

4.うそつきライアー
爽やかで伸びやかで、ちょっと切なくて後ろ向きな歌詞。「茶太・大嶋・ネガティブ」で想像してたのはこの辺でした。
「君を乗せて飛びたい」辺りはいつ聴いてもたまらないです。本領発揮している!
この後に「なんて 嘘ばかりついて」「嘘ばかりついて」なところを深読みしたいです。

5.close to close
この辺も期待してた茶太。声の響きというか、ウィスパーというか。歌詞のネガティブ加減についてもこの辺想定してました。
曲の穏やかさ、しっとりさも情感があって好き。今回一番気に入った曲です。
サビが本当に好き。最後のサビなんか本当にいいです。

6.パーフェクトヴァニティ
サークル名を冠した曲だけあって、完成度が高いです。
程良いテンポ、きれいで透明なサビ、そしてネガティブ歌詞。絡み合っていて気持ちいい。
先ほど「close to close」を「今回一番気に入った曲」と言いましたが、こちらは「今回一番好きな曲」です。

7.睡眠都市
歌詞の「飛ぶ夢を見ない」とのリンクと、曲調と歌声に、不覚にもぐっと来ました。
さらり、さらりと終わっていく歌なんですが、繰り返すごとにどんどんサウンドが積み重なっていって。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。