top> 感想/その他 > 2009年まとめ(色々なものオブザイヤー)

2009年まとめ(色々なものオブザイヤー)

今年もやってきました、一年を振り返りまとめる時期。
というわけで、本・マンガ・アニメ・ゲーム・ドラマ・特撮・音楽・アーティスト・キャラの、それぞれ個人的オブザイヤーを決定いたしました。
●本
ラギッド・ガール/飛浩隆

グラン・ヴァカンスも大変よかったんですが、あえてこちらで。
表題作が、自分とのシンクロ、分解され取り込まれるエロティックさ、などで一番好き。グラン~もそうだったんですが、読んでて自分のS部分もM部分も興奮しました。変態感想ですみません。

●マンガ
Pandora Hearts/望月淳

好きキャラに似てる奴がいるって理由でアニメを見始める→単行本大人買い→いつの間にか毎月本誌を買うように。あれ?
キャラの内面と人間関係のこじれ具合がかなり好み。みんなそれぞれに自分の何かを探しながら、互いを傷つけ合いながら前進していくの大好き。あと絵柄が好み。
エンジンがかかるのは3巻からの上、謎と伏線が多過ぎ+解決が単行本3~4巻分後とあって、テンポと引っ張りは弱め。どうなるどうなる?を通り越して、謎自体を忘れがち(笑)。ただ、あれ伏線だったの!?的意味ではカタルシスはあります。
その驚きと、作者の回収能力(キャラに容赦ないそこが好き)を信頼しているので、某矛盾は伏線だと信じています。すいません信者なんで!(最近、ただの無意味設定と取れる描写も新出したんですが、ミスリードかもとまだ思ってる辺りが信者)
そろそろ折り返しとのことで、後味の悪いハッピーエンドを期待しています。

あと、12月下旬に読んだ中では、
「虫と歌」市川春子
・「乙嫁語り」森薫
がどちらも大変素晴らしかったです。前者はリンク先にレビューあり。

●アニメ
戦国BASARA

予想を超えるクオリティで、大満足でした。バカゲーな迫力とアニメの相性のいいことったら!
脚本、作画、演技、音楽、どれもよかったです。予備知識なくても、繰り広げられるトンデモバトルに思わず釘付け間違いなし。
松永様と光秀のダブル美しい変態、私にはご褒美すぎました。

●ゲーム
ワンダと巨像

SIRENも相当によかったのですが、間口の広さ的な意味でもこっちで。
世界観、空気観がとにかく素晴らしい。
荒涼とした大地を、愛馬にまたがり駆け抜けて、
遥かに大きな巨像たちを、生身一つで地に倒す。
音楽がまた素晴らしいです。形成逆転すると変わる演出には脳内麻薬が駄々もれ。
ほとんどセリフが無いにも関わらず、美しいストーリーにすっかり引き込まれました。最後がまたいい……。
静も動も、まるで一本の映画を見ているようで。大変素晴らしかった。

●ドラマ
JIN-仁-

完成度がとにかく高いです。一話完結で途中からも入りやすいのに、毎週続きが気になって仕方ない。毎回毎回、笑って泣いて燃えて萌えて、どうすればいいのか分かりません。心意気の人間ドラマ。
それぞれのキャラクターが本当に魅力的。そんなん惚れるしかないわー!と毎週複数キャラに対して思ってしまいます。しかも演技がまたよくて!
メインテーマは、もはや条件反射涙腺刺激の域。
続編が出るとの噂で、期待しています。

●特撮
侍戦隊シンケンジャー

脚本うまいなあ、とつい惚れ惚れする回が定期的にある戦隊もの。第六幕「兜折神」に心臓を撃ち抜かれて現在に至ります。
敵にも味方にもシビアな面が見え隠れするのがたまりません。
あと黒子はかわいい。

Wにもかなりやられていますが、来年度ノミネート扱いで。

●音楽
オカルティクスの魔女

イントロ、メロディー、歌詞、歌声、あとムービー補正(笑)。
かなり気持ちいい曲です、カラオケ入ってよかった!

●アーティスト
Kalafina

映画「空の境界」関連から入り、アルバム曲に撃ち抜かれ、あれよあれよと。
梶浦サウンドとしてはまだ入門な気もするので、来年はFictionJunctionにも手を出せれば。

あといきものがかりとRADWINPSと、宇多田ヒカル再評価も来年ね。

●キャラ
ギルバート・ナイトレイ/PandoraHearts

あくまで今年好きになった、としますと、こいつかな……。
こいつの容姿のせいでアニメを見始め、こいつの原作セリフのために単行本を揃え、こいつが今月ヤンデレ!と聞いて本誌を買い始めました。
この絶妙でひっどい駄目っぷり、10年モラトリアム、自分の価値を分かってない、なんて私好みな……。連載、毎月、「ひっでギルひっで」と喜んで読んでいますよ!

ちなみに、今年一番きゅんとしたのはシンケンジャーの志葉武瑠、一番惚れ直したのは九龍妖魔學園紀の葉佩九龍です。

●出来事
交流広がる

mixiとtwitterの有効活用のおかげで、色々交流広がりました。感謝。

●総括
オタ充

そんな一年でした。ゲーム14本クリアーしたし!
リアルを圧迫しすぎない程度に、来年もこうありたいものです。

●来年の目標
責任と誇りを持つ

両方、足りなくて色々と……。来年は大事な節目の年、頑張りたいものです。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する