top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> 感想/その他 > Pandora Heartsを布教する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

Pandora Heartsを布教する

好きなマンガ、Pandora Heartsを身内に布教した時の文章を編集したものです。
3月下旬に最新11巻発売!
カバー下が毎回ものすごく凝っていること、さりげない伏線の多いマンガであることなどから、購入おすすめします。

ちなみに、アニメ化した時の主題歌「Parallel Hearts」は大変好みな歌でした。
歌詞がね……まさにそういう歌詞が似合う物語が好みなんです!っていう。
好きキャラに似てる奴がいるって理由でアニメを見始める→単行本大人買い→いつの間にか毎月本誌を買うように。あれ?
アニメより原作の方がずっと好き。雰囲気がね!絵柄、塗りも大変好みです。

毎月毎月「ひっで」とか「最低」とか「えっろ」とか言いながら、あるいは声を上げて笑ったり突っ込んだりしながら、楽しく読んでいます。いや、展開がえげつないなーとか、どうしてこの子たち分かりあえないんだすれ違ってるよー!とか、あああどっちの気持ちも分かるどうしよう!とか、渦巻いてしまってですね。

エンジンがかかるのは3巻からの上、謎と伏線が多過ぎ+解決が単行本3~4巻分後とあって、テンポと引っ張りは弱め。
どうなるどうなる?を通り越して、謎自体を忘れがち(笑)。
ただ、あれ伏線だったの!?的意味ではカタルシスはあります。

その驚きと、作者の回収能力(キャラに容赦ないそこが好き)を信頼しているので、某矛盾は伏線だと信じています。
すいません信者なんで!(最近、ただの無意味設定と取れる描写も新出したんですが、ミスリードかもとまだ思ってる辺りが信者)
そろそろ折り返しとのことで、後味の悪いハッピーエンドを期待しています。

キャラの内面と人間関係のこじれ具合がかなり好み。
みんなそれぞれに自分の何かを探しながら、互いを傷つけ合いながら前進していくの大好き。

全てを当たり前だと受け入れることで、どんな悲しみもなかったことにして笑顔を絶やさない少年。
自分の意味を思い出したくて知りたくて、ずたずたになった過去を拾い集める少女。
大事な人を守りたくて守れなくて、今度こそと一途に思いつめながら、徐々に矛盾にはまりこんでいく従者。
守ろうとして傷つけた過去の果てに掴みかけた真実を、えぐり出された左目を、今そこにある安らぎを、再び勝ち取るために跳ねる道化師。
自分の弱さを分かりながら、それでも進むことを誓った女性。
微笑みの中に全てを隠し、瞳にただ兄だけを映して、ただ一途な思いのために、世界を狂わせ玩具を切り刻み続ける弟。
好悪や感情を置き去りにして、ただ従い弄ばれていた日々に、ようやく心が芽生え始めた人形。
言われたままではなく自分の目で、傷つけながらも傷つきながらも歩いていく青年。

信じるとか、変わらないものとか、生まれた意味とか、自己犠牲と幸福とか、依存と執着とか、知る恐怖とか、失われた記憶とか、壊したいほどの独占欲とか。

それぞれの歪みに、それぞれが支え合って気づけたら、たった一歩でも前へ進める。きっと、それは、一人じゃ出来ない。

「お前の罪。それは、お前の存在そのものだ」
隠された真実に、それでも彼らは手を伸ばす。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。