top> 萌え > 私の「琴線」

私の「琴線」

(この記事はtwitterログなど色々を再編集したものです)

「私はこれが見たいから色々なものを読んだり見たりするし、話したり書いたりするんだ」というシチュエーションや関係性。
それを私は「理想」と呼んでいました。たぶん今後は「琴線」と呼びますけど。かっこつきの。
以下は、現時点での私の「琴線」って何だろう?という思考のまとめです。


この相手と自分は相容れない、この相手は自分を理解しない、この相手といて幸せになれる保証はどこにもない。
それでもこの相手に近づきたい、この相手を理解し理解されたい、この相手と一緒にいたい。
と思ってしまうなら、それは、愛だよなー美しいなー私まねできないなーみたいな。

人と人が理解しあえないとか一つになれないのとか当たり前じゃないですか。
あたり前のことを苦痛と感じるって、すごい。すごいし、いっそ尊いし、美しい。

絶対完全に理解なんてしあえないのに、
ちょっとでも理解しあえるかも、近づけるかもっていう希望を持ったまんま、
限りなく近づこうとしている人は、美しい。

だって、本当は完全に理解しあいたいんだとしたらですよ。それは絶対に無理だって保証されちゃってるんですよ。
限りなく完全に近い形で理解しあったって、絶対にそれは完全じゃない。そしたらそれだけでも悲しかったりするんじゃないでしょうか。わからないですけど。

決められたバッドエンドが、限りなくハッピーエンドに近いものになるようにと、
あがいて、がんばって、前を向いて進んでいく人がいるのだとしたら、
それはとても悲しくて、尊くて、美しいなーと私は思うのです。

私は「利己的でない愛情」は信じてますが、「利己的でない恋愛感情」はたぶん信じていません。
今言っていた「美しい」感情だって、「それでも理解したいから」っていう、ある意味利己的な感情からじゃないかな、と思っています。

でも逆に考えたらですよ。
利己的な感情から相手を理解することや相手の幸せを願うって、これ、利己的でない感情から願うより、すごくないですか。
いろいろ人間くさい生々しい感情、下心だとか性欲だとかも混じりながら、それでも相手の幸せを願う、みたいな。

人間って絶対、本当に純粋なままじゃ生きられなくって、だけどそれでも何かのために純粋を目指しちゃうんなら、
それは、ほんと、すごいなあ。すごいなあ!っていう、そういうことなんだと思います。たぶん。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する