top> 感想/音楽 > SHライブ、もとい楽園パレード行ってきました

SHライブ、もとい楽園パレード行ってきました

 今帰ってきました。一言で言えば、じまんぐの世界最高。とかそんなライブでした。Revoさんもあらまりさんももちろん最高でしたよー。
 やたら長いんで続きはクリックしてください。
1.開演前
 今日は4人で行ったのですが、都合よかった3人でまずはUGAへ。
Arkと辿り着く詩を歌い、SH気分を高める。そしてカラオケボックスを出ると一通のメールが。

当日券取れました

…………今なんて言った?
 ちなみに4人は2階でしたが彼女は1階。おおーすごいなぁ。9時から並んだそうです。あらまりさんの現場入りを見たそうな。
 で、中野へ。5人になり、少し開場・開演が遅れましたが無事スタートしました。

2.楽園パレード
・エルの肖像
 舞台前を覆うでかいスクリーンに映像と曲タイトル。白雪姫のようなドレスのあらまりさんが登場。いい入りだなーと思いました。

・パレード
 じまんぐが華麗に登場。仮面とマント。素晴らしい。「よくアムラックスから付いて着てくれたね!」「そこのお嬢さん。幸の薄そうな顔をしている」など喋りつつ曲がスタート。客席を飛び歩きチラシのようなものを配るじまんぐ。素晴らしすぎる。

・天秤
 最初のナレーターで窃盗殺人をするじまんぐ。天秤の左皿にお金を載せる。よいなぁ。
 あらまりさんが衣装変え。花嫁。
 生「残念だったね」。
 花嫁あらまりさん、じまんぐを刺し笑いながら走り去ってゆく。おおー。

・ラフレンツェ
 大スクリーンにyoyokanさんの書き下ろし絵と曲タイトル。絵本みたいで素晴らしすぎ!ラフレンツェの成長過程がかわいすぎる。あと、成長ラフレンツェは赤ずきんみたいな格好。
 大スクリーンが上がる。引き続き舞台上の小スクリーンで紙芝居というかスライドショーは続く。あらまりさんは銀髪かつらでラフレンツェ、後ろを向くとフードの下からおばあさんの顔が出てきて「忘れてはいけないよ」と諭す。
 亡者とかエウリュディケとかオルフェウスは演じる人がいました。オルフェウスと踊るラフレンツェあらまりさん。素敵。

・Baroque
 大スクリーンに轟く雷鳴と雨。おおっ?と思っていると修道服のあらまりさんが。スクリーンに映る礼拝堂が素晴らしい。語りの最中にどんどん歪んでゆきます。
 最初マイクの調子が悪く、聞こえなかったのですが懸命に語ってらっしゃいました。途中でスタッフがマイク持ってきてくれました。
 で、演技。倒れた相手に何度も右手を振り下ろし、なんと少女の生首を掲げるバロ子あらまりさん。音楽版とは違う演出なので今までの解釈とかは忘れてね、ということなので「衝撃の事実発覚」というよりは「新しい解釈と演出」でしょう。
 で、もちろん生「ならば私が許そう」。

・弦楽四重奏Abyss
 殺人ソング界の貴公子、Revoによる指揮で送る四重奏。あの「私は生涯~」とかのAbyssのテーマの編曲。やっぱ生弦楽器はよいね。

・楽園A
 大スクリーンに花畑や鳥たち。楽園ですな。エルあらまりさん(銀髪かつらに赤眼の仮面。ラフレンツェの時もそうでした)がかわいらしい声で歌う。「そうよ木の精よええ」などは逆側を向いて鳥のお面を出して歌ってらして、か、かわいい……。
 途中でどーんと荒廃した大地に変わるスクリーン。オルゴールに合わせABYSSの曲名が映り、頭文字がぐるぐる回って「ABYSS」になる。
 最後にはジャケットの仮面の男とABYSS娘たちがスクリーンに映る。

・Ark
 小スクリーンに小部屋。座っているソロルあらまりさん。Arkが上から降りてきて銀色に輝く。で、前に出てくると後ろのスクリーンには目が移る。監視されとるー!
 フラーテル役の役者さんもいらっしゃって、色々めくるめくソロル。番号とかのナレーターの辺りで、刑務所に入るときの写真みたいのがスクリーンに。
 刺した後小部屋(檻になっている)に白衣の男によって連行されてゆくソロル。ラストで小部屋に仮面の男が映る!

・Yield
 バクパイプで現れたRevoさんに動揺してしまった。そんなものも演奏できるんですね、素晴らしい!ディズニーのアリスみたいな服、ただしエプロンがずたずたなあらまりさんが登場。かわいい。

・Sacrifice
 あらまりさんの服はYieldと同じ。村娘の服なんだね。色々演技あり、影絵で若女将が妹はたいてたり。あと最後十字架につけられて燃えたり。

・Stardust
 赤いドレスとバラの花束で登場したあらまりさん素敵。途中のナレーション中客席にバラを配る。いいなぁー。
 ちなみに恋人はRevoさん。「何故……」が始まるとぎょっとした演技。素敵。で、服を脱ぎ捨てると黒い!

・楽園E
 雪の中を苦しみながら進むじまんぐ。が、ついに倒れてしまう。そんでもって楽しそうなエルあらまりさん。倒れているじまんぐを起こし、(あきらかに死んでるっぽい立ち方。上手い)楽しそうに話し掛ける。
 Eで締めるってのがこうも決まるとはなぁ。

 なお、その後むくりと起き上がったじまんぐは、笑いながら闇へ消えていった。

・アンコール1
 挨拶とメンバー紹介。一通り紹介が終わり、みんなが待ちに待ったじまんぐが現れた!色々喋った後、なんと歌いだす。

・Jimangの世界
 それはなんと「澪音の世界」のじまんぐボーカル版。歌詞も「少女」が「男」に。よい歌唱力です。というかこれのCD出してくれ!
 盛り上がりすぎる観客。投げキッスに大興奮。
 「願わくば、君がじまんぐの世界に囚われないことを……」
もう囚われてます。

・約束の丘
あらまりさんが登場、二人でデュエット。やっぱ名曲ですよねー。

・アンコール2
・恋人を射ち落とした日
 ノリノリでステージ上を跳ねるように移動していくあらまりさん。本当に最後の曲です、という前置きがあったので観客も盛り上がる盛り上がる。最後にRevoさん、あらまりさん、じまんぐがジャンプしてフィニッシュ。よいライブだった!!

・楽園パレードは終わらない
 「これで終わりだと思ってないだろうね」とかじまんぐが言って、「またなかのZEROで会おう!」と宣言。なんと追加公演があるらしいですよ。わーお!

 その後余韻に大いに浸りつつ帰りました。ほんとよいライブだったー。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する