top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> 感想/LDH > 雨宮雅貴の中の人にどハマりした話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

雨宮雅貴の中の人にどハマりした話

やたら長い記事ですが、結論から言うと
「歴史物や擬人化ジャンルから元ネタオタになってしまうように、ハイローの元ネタであるLDHのオタになってしまった」
ってのを具体的に言い募ってるだけですご了承くださいw
三代目がEXILE系列ということすら知らなかった私、はっきり言って一人も顔と名前が一致しなかった私が、いまやHIGHER GROUND見て全員分かるしファンクラブも入ってるなんて……。やばい……。

さて。雨宮兄弟(とくに雅貴)オタになってしまった私が、中の人たちに興味を持つのはまあ自然な流れでした。

雨宮兄弟、とにかくアクションがかっこいいんですけど、二人ともボーカルと知って驚いて。
EXILE系ってパフォーマーっていって一切歌わずダンスだけするメンバーがいて、彼らのアクションほんと半端ないんですけど、
わりとそれに劣らぬアクションをしておいて、本業では踊ってないのかよお前ら……。えっなんでそんな動けるの……?

とくに雅貴役のTAKAHIRO、あんなに美しいハイキックが出来る人間が本業では別に踊ってないし空手初段、書道八段て何なんだよ……。
というか私が10年くらいこんな蹴り殺陣が見たいと夢みてたアクションがザムービー3ではマジで見られてしまって……。
夢が……?現実に……?しかも三次元で?しかもこの角度吹き替え使えなくない?本人なんじゃない???えっ?えっ???

しかも目のハイライトが本当に綺麗に消せるんですよあの人。意図して。あんなに目が大きいのに。
夏頃に初主演した舞台、円形劇場なのに、特定のシーンから後は、上を見上げる演技の時ですら、2階席からですら、完全に目が死んでいた、らしくて……。
雨宮雅貴の目の死に方最高すぎて萌えた人間としては悶えました。
ソロMVの時も「カメラが回った瞬間に目が潤み出す」と蜷川実花に褒められてたし……(なおこの時蜷川実花が撮ったMV、「水に浮かべて上から花びら降らす」という正気度減るレベルの耽美さなので見て引いてください > https://gyao.yahoo.co.jp/player/00071/v02472/v1000000000000001161/)

レッドレインの監督曰く、「ドーム公演慣れ=360度から見られ慣れている人間は、どこからどう撮ってもオーラが出て絵になってしまう。だからそれをどう活かすかだけ考えればよかった」とのことで、すごい話ですね……。

ところで、ハイローって「内輪の人間をヤンキーものパロしてみた」から出来た作品なんですね。
「身内の誰々になんとかって二つ名ついてたらウケる」「じゃあそいつにはこんな仲間がいて」「敵対してるグループはこんなんで」「こいつとこいつはリアルに仲がいいから兄弟役にしちゃえ」
マジでこのノリで作られています。
だって、脚本会議では、キャラに見立てた消しゴムを動かしたりドーン!て倒したり「ここでテーマソングか流れるのが一番かっこいい!」「いやここだ!」とやったりしてるんですよ……。男子中学生の悪ふざけを本気の予算とスタッフとキャストで実現したら、こんなにもヤバいブツが出来てしまったというのがハイローでしてね……。
そんなわけで中の人からの輸入ネタもわりとあるので、中の人を知っておくと二重においしいとこがある。ますます中の人を調べない理由がなくなるわけです。

初めて動いて喋ってる中の人を見たときは下ネタ言い過ぎ&後輩男性にも言わせようと躍起になってたので正直引いた私でしたが、
少しずつ過去インタビューや、ちょうど全国行脚する形で行われていたファンクラブイベレポートなどを漁って、好感度は徐々に上がって行きました。
ていうかファンサがすごいのが分かったのがヤバかった……。ファンの反応や空気を敏感に感じ取る力が驚くほど高いし、自分のファンサで死ぬファンを見るのが大好きなので、ファンサで場のファンを掌でころころ転がしてるというか……。

見方が明確に変わったのは、ザムービー3の試写会(動画をアップしてくれてるメディアがあるので見られる!)辺りだったと思います。
感極まって泣いてしまった監督をフォローしようととっさに他愛ない・TAKAHIROが道化役になるような嘘をついて、秒で「嘘ですけど!」と撤回したんです。
そこ自分が道化役に回る必要あったか……?と思いながら、私は思い出していました。ハイローって、中の人に完全当て書きされてる作品なんだよな……。

・オーディション出身で最初は素人だったので、ものすごく苦しんだ
・いま後輩に対してめちゃくちゃ距離が近いのは、その経験がある分、何かあったら相談して欲しいからなんじゃないか。でもその距離の近さはどうかと思う
・普段ツッコミ役に回りがちだからこそ、任せられる人がいる場では全てを放棄してボケ倒すことを楽しむ(最初に見た下ネタ祭りの時もわりとこれだったようです)
……これ、「長い間末っ子だったけど、下に弟が出来たから無闇に張り切って空回りしてるお兄ちゃん」ぽくないですか?
それって雨宮雅貴じゃん……。

共演者に「雨宮雅貴はTAKAHIROさんそのまんま」と言われるけど、本人は「雨宮雅貴をやるときは、自分の理想の姿を演じている」と言っているところ。(あれが理想でいいの?本当にいいの?)
いつも明るくて、でもそれはそう見せようと努力してるから、というところ。
もう笑い話だから、と語る思い出が大体あんまり笑えない重さのところ。
俺スターだから!とか言ってのけるくせに、後輩にまっすぐ褒められると途端に茶化したり過剰に図に乗ったふりをしたりして照れくさいのをごまかすところ。
(本人は善意で)すぐに話を盛ってしまうので、結婚相手の武井咲に「今日の料理どう?」と聞かれても毎回「今まで食べた中で一番美味しい」と答えてしまうので味付け傾向の参考にならないと頭を抱えられているところ。
でも、いつも真摯に、どう振る舞ったら喜んでもらえるかな?って本気で考えているところ。
あ、ダメだ、もう全部愛おしく思えて来た。

この辺りで見たバラエティ番組で、ロケ中偶然出会った自分のファンに好きな曲聞いてその曲を1フレーズ歌ってみせた瞬間に、萌えじゃなくときめいてしまったので、観念しました。
萌え通り越して、惚れてしまった……!この私が!三次元男性芸能人に!w

あと役に入ってるときは本当に顔立ちが違うんですけどこの人「アーティスト」やってる時のスターオーラがすごいっていうか、綺麗だしかわいいしかっこいいし可愛い……。
元々かなり好みの傾向の顔なので、役としてでなく中の人の顔に普通に惚れてしまって……。

しかも歌が上手い……。
12/30に初めて生歌聴いたんですけどえっ音源より上手くない???
終わった後同行者にひたすら「脚が長い、歌が上手い、脚が長い」と繰り返してしまいました。脚が長いんだもん……。
舞台挨拶では見たことあったけどその時はあんま歩かないじゃん!
でも歩くと脚の長さが強調されまくるんだもん!!!
しまいにはEXILE mobileの当日の更新(ステージに出て行く姿を後ろから撮った写真で、光に照らされて影になっていてめちゃくちゃかっこいい)をレストランでうっかり見てしまって赤面しながら突っ伏し、「ガチ恋勢みたいな反応ですよw」て言われてしまいました。
仕方ないじゃん……私の推しがこんなにかっこいい……。かっこよくてアクションがすごくて顔も中身もかわいくって歌が上手い……。

そんなわけで、何も知らなかったEXILEの歴史を履修中です。ほんっとにテレビとか見ないので、私よりむしろ、テレビ見る一般人の友人や知り合いの方が詳しくてびっくりしてばかりです……。私の知らないところでそんなに全盛期を極めていたんだねEXILE……。おかげさまで知る楽しみがたくさんあります!

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。